2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEFLの結果が出ました。

というわけで、3度目のTOEFLの結果です。

92 (R28、L27、S15、W22)

でした。

スピーキング15点て…、おいっ!て感じですね。

トータルとしては1年前と同じです。


それでは自己分析と詳細について。

まずリーディング。

嬉しいことに記録更新です。

23→27→28

と3年間で順調に伸びています。ただし、手ごたえとしては28に値しないと思います。必死に喰らいついての28といったところでしょうか。リーディングについては、1年前に既にブレークスルーが起きていたと思います。今回は現状維持といったところです。英検1級パス単やTOEFL3800で語彙力をつけたことで語彙問題が楽になり、時間内に何とか解けるようになったことが大きな要因です。スコアをここから30に持っていくには、もう一段階ブレークスルーを起こす必要がありますが、あと2年ぐらいで何とか達成できるような気がします。

次にリスニング。

23→21→27

今回の最大の収穫はリスニング力向上だと思います。これは嬉しいですね。模試を解いている段階から自分の中で明らかに手ごたえがありました。基本的に話している内容が聞き取れるようになりました。リスニング力のブレークスルーには2年かかりました。2回目の時は、「23→21」とスコアこそ落ちましたが、力自体は変わっていなかったように思います。そして今回の結果です。やはりリスニングは効果が出るのに時間がかかりますね。毎日少しずつでも様々な英語を聞き続けた成果が出てよかったです。

次にスピーキング。

22→22→15

おい!!…って自分でも突っ込んでしまいました。評価も、すべてLimited(1.5~2.0)でした。まあ、さすがに自分のスピーキング力がそんなに極端に下がったとは思わないので、(というか基本的に変わっていないと思うので、)実際には現状維持ということだと思います。スコアが大幅に下がった原因としては、「スピーキングセクションについてはいつものがむしゃらさがなかった」、「試しにメモをあまり取らずに吹き込んでみたら片言になった」、「両サイドの声に意識を奪われて何を話せばよいのか分からず、60秒間ほぼ沈黙のタスクがあった」という辺りでしょうか。今回の結果から、いかにスピーキングが水物であるかということや、メンタルに大きく左右されるパートであるかということが確認できました。それにしても、19ぐらいかと思ってましたが、まさか15とは…。7点減は大きいですね~。

最後にライティング。

21→22→22

タスク1
fair → good → fair

タスク2
fair → fair → good

というわけで得点自体は現状維持です。ですが詳細は、自分の予想がはずれて、タスク1がfair、タスク2がgoodでした。恐らく、タスク1はリーディングかリスニングの段階で、何か基本的な重要ポイントが抜けていたのだと思います。これもスピーキングタスクと同様に、メモを取ることを控えめにしたのが良くなかったようです。一方、タスク2は初のgoodです!!これは嬉しい。付け焼刃でしたが修行の成果が多少出たのかなと思います。まだまだ時間不足でぐしゃぐしゃでしたけど、あの出来でgoodというのは少し自信につながりました。ライティングについては、恥ずかしながら、ようやく腰を据えて勉強し始めた、というか、ようやくやるべきことが分かってきたといった感じです。どうすれば上の世界に行けるのかが見えてきたので、あと1年ぐらい今の調子で頑張れば、1年後にはブレークスルーが起きそうな気がします。


というわけで、結局トータルは92で変わらず、従ってC2ランキングも変わらず、ということになりました。まあ、92を下回ると思っていたので、最低限のスコアを確保できました。

以前にも記事にしましたが、来年受験するかはまだ未定ですが、今回精神的にかなり追い詰められていたので、次回は手ごたえ的に、R30、L29、S23、W25、ぐらいいけそうなぐらい十分に英語力を伸ばしてからリベンジしたいと思います。


リスニング力の確実な向上と、ライティングの勉強方法を体得できたことが今回の収穫です。

まだまだ英語教師として未熟者ですが、今後もコツコツ頑張ります!

読者のみなさま、スコアの分析や率直な感想などお待ちしております!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

リスニングすごいですね!
スピーキングは少しうまくいかなかったから点数が下がったってのもあると思いますが、前から思っていましたがやっぱTOEFLのスピーキングも採点者によって結構ブレがあるんじゃないかと英語教師さんの点数を見て思いました

お疲れ様でした!
以下、かなり率直に書きますのでお気を悪くなさらないでくださいね!

上記RYUさんのコメントの通り採点者が違えば多少点数は変わってきます。ただ何回もTOEFLを受けてきた身としては7点というのはさすがに違いすぎるので以下のような可能性も考えられます。

英語教師さんの過去のS22は3点×5個、2点×1個です。一方今回のS15はすべて2点です。経験上3点の幅は非常に広く「断片的に答えつつ何とか内容に一通り触れたレベル」から、「スムーズに、内容をしっかり伝えながらも1、2か所発音が分かりにくいorもう少し説得力がほしいor内容がわずかに漏れているレベル」くらいまであります。それこそ聞いたら片言とペラペラの差です。余談ですがこの大きな幅が国内組が中々S24点以上を取れない原因ではないかと考えています。

これは推測ですが、S22の時の3点は「ぎりぎり3点」で22点であり、今回慌ててしまったがためにそれを確保できなかったのだと思います。また、長い沈黙の問題は1点で、それとひとくくりにされているもう片方(Q3ならQ5のような)が3点取れていた、という可能性もありますね。

Wは2年前に21なので、勉強の成果が出ていれば25点で安定するのに十分な期間だったと思います。今回も22据え置きなので、私であれば今までの学習を可能な限りすべて振り返り、勉強方法を見直し、改善すると思います。

R/Lについては私も記事にしましたが、100点を十分狙えるスコアです。R28は4-6問間違え、L27は3-4問間違えです。これを安定させるように骨太な実力をつければTOEFLに関しては恐れることはありません。因みに1パッセージにつき1問ミスだと点数調整が入らない限り29点になります。

まとめると、R/L、特にLが伸びているのにintegrated taskに成果として現れていないというのは偏にS/Wの地力が変わっていないということだと思います。「読める、聞けるようになっても答えられない」ということなので律速段階がどこなのか逆にはっきりしました。これからは学習の大部分をS/Wの練習に充てることでバランスのいい実力がつくのではないでしょうか?声に出す、ワードでも手書きでもいいので文章を作る、という作業をたくさんこなしてください。効果的に学習すれば今年中に100点取れると思います。おそらく現時点で100点近い実力のはずです。

仕事との両立は大変ですが、お互い頑張りましょう!

以上大変僭越ながら、分析してみました。

スコア報告

TOEFLお疲れ様でした!余裕があれば自分も受けたいですが留学に必要なスコアを満たせたのでしばらく控えます。
一応C2プロジェクト用にスコアを更新できたので報告します。
2016/3/12のIELTSスコアは L 8.5 R 6.5 W7.0 S 6.5 O 7.0 でした!

本当にお疲れ様でした!英語教師さんの
ギリギリまでの努力が実った結果だと
思います。今後またスコアを伸ばしていかれるのを
楽しみにしています。

RYUさんへ

リスニングは素直に嬉しいです。
点数もですが、単純に聞き取り能力が
上がったのが自分でも実感できるので。

スピーキングはまあトレーニングもほとんど
してないので、こんなものかな~と。

まずはライティングの方を集中的に鍛えたい
と思っています。

Dr.Englishさんへ

鋭い分析ありがとうございます。
私もほぼ同じことを考えておりました。

RとLについては、とりあえず英語上級者の
端くれレベルまで持っていきたかったので、
まあ良かったかなと思います。
そもそも1年前のR23、L21というのは、
英語教員としても情けない点数だったと思うので。

Sについては、Dr. Englishさんの分析の通りだと
思います。自分の手ごたえとしてそんな感じです。
集中的に訓練する時間が必要だと思いますが、
まずはWの方が先決かな~と思います。

Wについては、2年間きちんと対策していれば
十分な時間だったと思いますが、恥ずかしながら
私の場合は、各受験の1ヶ月前ぐらいから
付け焼刃で練習した程度だったので、
こんなものだと思います。
私としては、今回の受験を経て、ようやくスタートラインに
立てたと感じていますので、今後は腰を据えて
Wの勉強を頑張ろうと思います。

アドバイスありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします!

amurritesさんへ

IELTSお疲れ様でした。
早速C2ランキングに反映させますね。

LとかWとかすごいですね~!

雪さんへ

直前までご指導頂きありがとうございました。

おかげで、Wで今後何をどう勉強すればよいのか
ようやく見えてきました。

またTOEFL受ける日が来ると思うので、
今後のWの伸びに期待していて下さいね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://daigakukarasoccer.blog112.fc2.com/tb.php/321-27a2ba9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

英語教師

Author:英語教師
性別:男
年齢:40代
地域:関東
趣味:ゴルフ


C2プロジェクトとは?

ランキングのつけ方

TOEFLとIELTSの換算表(ETS公式)


C2ランキング(TOEFL換算)
116.5:英語好き(T116,I8.5)
114.5:Siobhan(I8.5)
113:Dr.English(T113)
111:Echo(I8.0)
110:ホーリー(T110,I7.5)
109:Jet Bull(T109)
106:amurrites(T90,I7.5)
106:Shino(I7.5)
103:リュウ(I7.5)
102:tats(T102)
102:Bryce(T102)
99:englove40(T99)
98:Zero(T98,I7.5)
96:英語教師(T92,I7.0)
90.5:Pippi(I7.0) 
88:ひかる(I6.5)
87:yuuki(T87)
85.5:ヒロト(T73,I6.5)
76:kazu(T76)
未:澤田先生(TOEIC 990)
未:Hidekazu(TOEIC 985)
未:K(TOEIC 965)
未:おこの(TOEIC 945)
未:りゅう(TOEIC 945)
未:Roberts(TOEIC 945)
未:Sorane(TOEIC 940)
未:a cat(TOEIC 935)
未:びび(TOEIC 930)
未:Tim(TOEIC 920)
未:Taishi(TOEIC 915)
未:gogakutan(TOEIC 900)
未:英国びいき(TOEIC 900)
未:よっち(TOEIC 895)
未:おkd (TOEIC 710)

ブログ開始前
2004/06 T840(L440 R400)
2004/10 TOEFL PBT560
2006/11 英検1級

ブログ開始後
2013/10 S150 W190
2013/10 T885(L465 R420)
2013/11 T950(L480 R470)
2013/12 S150 W180 2013/12 T895(L465 R430)
2014/01 T915(L475 R440)
2014/01 S160 W180
2014/03 T910(L470 R440)
2014/04 T935(L490 R445)
2014/04 TOEFL 89
       R23L23S22W21
2014/05 T945(L490 R455)
2014/06 T960(L475 R485)
2014/07 T935(L490 R445)
2014/10 T985 (L495R490)
2014/11 T940(L495 R445)
2015/02 IELTS 7.0
      R7.5L7.0W5.5S7.5
2015/03 TOEFL 92
       R27L21S22W22
2016/03 TOEFL 92
       R28L27S15W22

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する